除菌、ウイルス・カビ対策

エアコンとカビ

エアコンの汚れで気になるのがホコリとカビです。

しかしカビはどうしてエアコン内に発生するのでしょうか?

どのようにすればカビの発生を防げるのでしょうか?

冷房、除湿でエアコンを使用するとエアコン内部は湿気で濡れた状態になります。

冷えた熱交換器に温かい空気を通し冷えた風を出す仕組みなので熱交換器は結露します。この結露した水が外のドレインホースから出ているのです。よってエアコン内部は濡れていて湿気だらけの状態になるのです。

この状態でエアコンを停止しすると室温も湿度もあがり、高温・多湿・暗所の状態のエアコン内部はカビの繁殖には適した場所となります。

ではどのようにしてカビの発生を防げばいいのでしょうか?

それはエアコン内部を乾かすことです。最もよいのは冷房・除湿で使用したあと、送風運転で内部を乾かすことです。風をまわすだけですので結露はしませんので乾かすことができ、カビの繁殖を抑えます。切りタイマーで30分程くらい運転してください。

しかしエアコンのリモコンは送風モードがないものが多いのです。内部クリーン機能がついていればこれを利用してください。

サッシまわりの結露などを気にされる方は多いと思いますが、このような過加湿の状態をつくるとエアコンも結露します。エアコンを暖房で使用していると乾燥する方向に向かいますが、暖房はエアコンでは行わず、石油ストーブなど、他の暖房器具を使われるご家庭が多いです。過剰に加湿し暖房器具でも温めらてた空気はお部屋上部に上昇します。エアコンは部屋の上の方についており、中は銅やアルミの金属のかたまりです。お部屋の他の部材(建材)より当然金属のエアコン内部は冷たいため、そこに温かい湿った空気があたれば、結露します。結果 カビが生えると。加湿しない限り気候的には空気は乾燥しているので、夏場程ではありませんがこのようなメカニズムでもカビを生やす可能性があるという事を認識されておいた方がいいと思います。

風邪とウイルス

【風邪の原因となるウイルスの特徴】
 かぜの原因は80~90パーセントがウイルスの感染です。

ウイルスとは生きた細胞の中でだけ増殖する特異な微生物のこと。  風邪のウイルスは200種類以上あるといわれますが、多くは冬場の低温乾燥の環境で空気中の飛散量が増加します。  もう少し詳しく説明しましょう。「ゴホン10万、ハクション100万」という言葉がありますが、風邪をひくと1回の咳(せき)で10万個、1回のくしゃみで100万個のウイルスが空気中にばらまかれます。このウイルスは湿度の高い状況では、すぐに地面に落下してしまいます。ところが、湿度が40パーセント以下になるとウイルスの水分が蒸発して軽くなるため、落下速度はゆるやかになり、約30分間、空気中を漂うことになるのです。空気中のウイルスは人が息を吸い込むときに鼻やのどから感染して、流行しやすくなると考えられています。また、空気中を浮遊するウイルスが衣類や手などに付き、これが再び空気中を漂って、吸い込まれる場合もあります。

【冬はウイルスの活動が活発に】
 さらに風邪のウイルスの多くは気温15~18度以下の環境を好んで、活発に活動を始めるため、冬場、風邪の患者数が急増するのです。10月からが温度、湿度ともにあてはまる時期だと思われます。

風邪に処方される薬には原因となるウイルスを直接攻撃する「抗ウイルス剤」はつい最近までありませんでした。ですから、ウイルスに耐性(たいせい)ができて抵抗力がつき、効かなくなるケースはないわけです。
 風邪の患者に細菌を攻撃する薬(抗生(こうせい)物質)が使われるのは、細菌の二次感染によって肺炎や気管支炎などが起こる可能性がある場合や、すでに合併症を起こしている場合、風邪の症状が強く、長引いている場合などです。とくに抵抗力が弱いお年寄りや子ども、糖尿病の人などに処方されます。
 一方、風邪に処方される薬は、「対症(たいしょう)薬」、つまり現在起こっている症状を改善するための薬です。

【無理は禁物、安静がいちばんの特効薬】
 つらい症状を改善させ、体力の消耗を防ぐのに風邪薬はとても有効ですが、風邪を治すのはあくまで本人の回復力。ですから、風邪が軽いからといって無理をするのは禁物です。体を温かくしてゆっくり休むことが、風邪から早く回復する何よりの特効薬となります。
 風邪のウイルスが鼻やのどから体内に入っても、粘膜に定着して増殖するまでには数日間かかりますから、「風邪かな」と思ったときこそ安静が大切なのです。

ノロウイルスについて

ノロウイルスについて

ノロウィルスとは

急性胃腸炎を引き起こすウイルスといえばノロウィルスです。

乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で引き起こすとされ、毎年11月頃から3月にかけて冬季に多発します。
過去には命を落とした方もいます。

ノロウイルスについて

ノロウィルスの感染症は牡蠣などの二枚貝を生で食べたことによって引き起こされるということはよく知られています。
ヒトからヒトへの感染方法は経口感染であり、感染力はとても強いのが特徴です。
とくに、保育園、幼稚園、小学校など集団生活を送っている場所では感染しやすく、
爆発的に流行することがあるので注意が必要です。


ノロウィルスの症状

ノロウィルスは経口感染してしまうと口から入り、食道、胃を通って、小腸の壁で感染し、増殖していきます。
主な症状は嘔吐、下痢、腹痛、微熱です。
ノロウィルスの症状は急に起こることが多く、突然お腹からこみ上げるような吐き気から繰り返し吐き続けます。
気持ちが悪くて横になることができないということもあるようです。
吐き気がおさまると下痢が続き、微熱を伴うことがあります。これらの症状は1~2日続き、それから治っていきます。 後遺症はありません。

ノロウィルスは二次感染が多いとされています。
ノロウィルス患者の嘔吐物の処理をしたことから感染することもあるそうです。
嘔吐物は目に見えないぐらい小さなものが広範囲に跳ねることもあります。
感染した子どもの世話をした母親が感染し、来院するということもよく起こっているそうです。
ウィルスは指の間にしぶとく残ったりするので手洗いは十分に丁寧に行なう必要があります。


ノロウイルスについて

しかし、ノロウィルスはインフルエンザ以上に耐性力が強いのでアルコール消毒では除菌が完璧ではないのです。
一般的にはノロウィルスの嘔吐物などを片付けた後、使用した道具や床は次亜塩素酸ナトリウムを使用するか、
熱湯に漬けるなどで1分間以上熱を加えると除菌に効果的だとされています。


当店ではノロウィルスやインフルエンザウィルスにも効果的だとされている除菌剤を取り扱っております。
人の肌やペットにも使用できる除菌剤です。


http://www.szs-shop.jp/SHOP/s0033.html

結露対策について

結露対策について

冬によく見られる結露をあなどってはいけません。
なぜなら、結露は「家の病気」と呼ばれることがあるぐらい、お家にとって害のあるものだからです。

結露を放っておくとカビが生える原因となってしまいます。
それだけでなく、ダニまで発生させてしまいます。
カビやダニがお家に悪い影響を与えることは、説明するまでもないでしょう。

また、カビやダニは、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎、小児ぜんそくといった症状を引き起こすおそれがあります。
つまり、結露を放っておくとお家だけでなく、人間まで病気になってしまいます。
結露はきちんとした対策を取らなければなりません。


・なぜ結露が起きるのか
そもそもなぜ結露が起きるのか。
ガラスによく見られるので、ガラス清掃をきちんとしていないから結露が起きると
考えている方もいるでしょう。
しかし、ガラス清掃をしているかどうかは、直接的な発生原因ではありません。
私たちの身体に水分が含まれているのと同じように、空気中にも水分が含まれています。
空気が含むことのできる水分量には限界があるのですが、限界は温度が低くなればなるほど少なくなります。
空気が何らかの原因により冷やされると、限界が下がり、もともと含んでいた水分が溢れるように液体の水分へと変化します。
これが結露です。

・対策法
結露対策について
結露が起きるメカニズムは、空気中に含まれている水分と温度が大きく関係しているので、
それらをコントロールすればある程度対策することができます。
具体的には、お家の換気を十分に行います。
お家の中と外の温度を近づけることで結露を予防することができるのです。

天気が良い日であれば、お家の窓を全部開けて、これでもかというぐらい換気してください。
窓を開けるのが難しい場合は、換気扇を使用すると良いでしょう。
換気扇を使用するだけでも効果が期待できます。
空気が上手く循環するように、家具の配置を見直すのもひとつの手です。

結露はあなどらずに、きちんとした対策をとるようにしましょう。

・結露によって発生したカビを除去する方法

携帯除菌剤
当店ではお子さんやペットがいるご家庭でも定期的に安心してお使いいただける
除菌・抗菌効果の優れた商品を取り扱っております。

携帯できる除菌剤は結露によって発生したカビや菌などの除菌もできるので
気になった時に気軽に使用できます。
他にも植物由来のナチュラル成分を配合している掃除のときに便利な
クリーナーも取り扱っております。

  • 2014.05.09
  • 12:41

除菌剤の違いと特徴

除菌剤の違いと特徴について

日本ではインフルエンザやノロウィルスなどが流行ったことによって、
感染病の恐ろしさを目の当たりにした人も多いのではないでしょうか?
そのため、人が多い場所ではマスクが外せないという方もいるでしょうし、
様々なお店に入る際にも除菌剤が入り口に置かれていて、欠かさず除菌を行うという人も
いるのではないでしょうか? そんな除菌剤には様々な成分が含まれている商品が多数あります。

【除菌剤の特徴】
除菌剤の違いと特徴について
・アルコール
様々な除菌剤の中でも代表的なのが、アルコールです。
アルコールは、速乾性があり手指の消毒にも使用できて、スプレー容器に入れて
噴霧する事も出来るので、店頭などでもよく使用されています。
アルコールには食品添加物が配合されているものが多いので、
すすぎも必要ないですし、食品に噴霧する事も可能です。
食品添加物の配合により殺菌力を高めることを期待している要素もあります。

しかし、アルコールの殺菌能力は濃度によって変わってきますし、
アルコールそのものの洗浄力は少ないのです。
そのため、使用する前に通常の洗浄によって汚れを除いた状態で、
仕上げとしてアルコールを使用するのが好ましいと思います。

・次亜塩素酸ナトリウム
次亜塩素酸ナトリウムも食品添加物として認可されています。
それに他の除菌剤と比較しても安価なものが多いため、除菌剤として一般的にも広く使用されています。
とくに、まな板や布巾の殺菌・漂白、容器類の殺菌、床や壁の殺カビなどに使用していることが多いです。

使用する時には適切な濃度に希釈して使用するのですが、有機物の存在下では
著しく殺菌力を失ってしまったり、塩素臭が発生してしまう事もあります。

・塩化ベンザルコニウム

医療用の製品としてよく使用されている塩化ベンザルコニウムは、
細菌の細胞膜表面のタンパク質を変えて活性を失わせることができるので、
殺菌や消毒の機能が期待できます。

即効性があり、様々な細菌を死滅させる除菌力を持続することができ、
もちろん人やペットなどにも無害なので食品にも使用することが出来ます。


弊社では、アルコール系でも次亜塩素酸ナトリウム系でもなく、
塩化ベンザルコニウムをベースにして作り出された強力な除菌剤やお掃除に
最適な洗剤を販売しています。
ウイルス感染が気になるのであれば、ぜひご使用になってみて下さい。

  • 2014.05.29
  • 15:36

冬に流行るウイルス感染

冬に流行るウイルス感染について

ウイルスというものは、私たちの健康的な生活を脅かす存在です。
特に、冬の時期になると様々なウイルスが蔓延っており、体調を崩す方が多くなります。
ここでは、冬に流行るウイルス感染について、皆様にご紹介したいと思います。

【インフルエンザウイルス】br> 知らない人はいないというほど、インフルエンザウイルスは有名なものだと思います。
毎年冬になると、インフルエンザ対策という言葉をよく耳にします。
インフルエンザの主な症状といたしましては、38℃以上の高熱や頭痛、食欲不振、
関節痛などとなっております。

非常に感染力が強い病気となっているので、感染してしまった場合は
病院や自宅での療養が余儀なくされます。

【ロタウイルス】
ロタウイルスはインフルエンザに比べると知名度が低いかもしれませんが、
近年では私たちの健康を脅かすウイルスとして有名になりつつあります。
ロタウイルスに感染したときの主な症状としては、激しい嘔吐や下痢、発熱となっております。

ノロウイルスの流行期間が11月~2月なのに対し、ロタウイルスは1月~4月だとされております。
ノロウイルスの流行期間が過ぎたからといって、決して油断はしないようにしましょう。

【RSウイルス】
これも、インフルエンザ・ロタウイルスと同じく冬に流行するウイルスです。
RSウイルスに感染したときの症状として代表的なのが、激しい咳や多呼吸などの呼吸困難です。
主に1歳ほどの小さなお子様に多い症状といわれておりますが、
大人の方もRSウイルスに感染する可能性があります。

・ウイルス対策について
冬に流行るウイルス感染について ウイルス対策グッズや対策方法は多々あると思いますが、
空気を綺麗にするのも対策方法の一つです。
冬になると窓を閉め切ることが多くなり、それに伴って空気が汚れやすくなっています。
寒いからといってずっと閉めきっていては、かえって様々な病気を招いてしまいます。
また、お部屋の空気を綺麗にするには、お掃除も有効的な手段の一つです。
ガラス清掃など、細かい部分の清掃もしっかりと行いましょう。
スクイジーやダイヤモンドパッドなど、掃除用品はさまざまなものがございますので、
道具を上手く駆使し、お部屋掃除も兼ねてウイルス対策を実践してみてください。
また多種ウイルスに万能的に効果のある除菌剤を販売しております。
現在、市場に出回る除菌剤の中でもトップクラスと言える、非常に質の高い除菌剤です。
是非、ご使用頂き、ウイルス対策に活用していただければと思います。
当店で取り扱っている清掃用具に疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

オフィス清掃・マンション清掃(日常清掃) 【掃除のことならソージーズ】

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

  業務用卸売り市場Bnet

ページトップへ